太陽の塔オフィシャルサイト

Foreign Language

大阪万博について

1970年にタイムスリップ

お祭り広場
お祭り広場

日本万国博覧会(70年大阪万博)は、77カ国の参加のもと6400万人を超える入場者により好評のうちにその幕を閉じました。入場者数は2010年の上海万博までは万国博覧会史上最多の入場者数でした。

当時を懐かしむ方、70年大阪万博を知らない世代の方など、それぞれの見方、思いは異なりますが、開催から50年近く経過してもなお、当時のパビリオン、展示内容等は、現在においても新鮮味を感じるものです。

入場券
入場券

日本万国博覧会の概要

会期 1970年3月15日(日曜日)から9月13日(日曜日)までの開催
183日間
テーマ 「人類の進歩と調和」
(Progress and Harmony for Mankind)
海外参加 76カ国、4国際機関、1政庁(香港)、アメリカ3州、カナダ3州、アメリカ2都市・2企業、ドイツ1都市
国内参加 32団体、展示施設32施設
(日本政府、日本万国博覧会地方公共団体出展準備委員会、2公共企業体、28民間企業等)
入場者数 6421万8770人
1日の最高入場者:83万6千人 ※9月5日(土)に記録
平均入場者数:35万人
会場面積 330ha(甲子園球場約83個分)
入場料 大人(23歳以上):800円
青年(15~22歳):600円
小人(4~14歳):400円
※当時の平均月収は5万円
万博のシンボルマークの
デザイン
大高 猛氏
万博協会の職員
万博協会の職員

日本万国博覧会のテーマ
「人類の進歩と調和」とは

1851年にロンドンで開催された第1回万国博覧会以来、20世紀前半にかけての博覧会は、機会文明の発展を背景に、新しい発明や製品が次々と登場して人々を驚かせました。
しかし、20世紀後半になると、交通機関や情報の伝達手段が発達し、人類の創造的活動を一堂に展示する「見本市的」な博覧会では魅力がなくなってきて、博覧会をある一つの考え方(=テーマ)に基づいて設計する傾向が強まってきました。
日本万国博覧会も、さきのブリュッセル博やモントリオール博にならってテーマ(統一主題)を設定しました。
そのテーマは「人類の進歩と調和」。もっぱら技術文明の進歩を示すだけではなく、その進歩が、同時に自然や人間性を損なうなど、様々なひずみにも目を向けて、この問題をどう解決し、「調和」のある「進歩」をどう実現していくのかを考えていく博覧会としました。

出展者は、このテーマ(統一主題)をもとに、具体的な展示内容を検討していくのですが、さらにわかりやすく出展者に説明するために、4つの主題(サブ・テーマ)が設定されました。

テーマ(統一主題)

人類の進歩と調和

4つの主題(サブ・テーマ)

【第1主題】より豊かな生命の充実を

生命の起源・神秘、医療、心理、出産・育児、趣味など

【第2主題】よりみのりの多い自然の利用を

養殖、栽培、開拓、エネルギー、海底資源、気象など

【第3主題】より好ましい生活の設計を

衣類、食料、住宅、乗り物、公害防止、時計など

【第4主題】より深い相互の理解を

言語、報道、通信、教育、家族、芸術、文化交流など

シンボルマークについて

  • 70年大阪万博のテーマ「人類の進歩と調和」を視覚化したもので、マーク全体は日本の代表的な花「桜」を表現しています。
  • 5つの花弁(花びら)は、世界(五大州)を表現し、ともに世界が手を取り合って、「日本万国博へ参加しよう」とする意図を表現しています。
  • 中央の円は、日本の日の丸、その周囲の白抜き部分は発展と進歩への余裕を表わし、さらに全体の安定した印象は品位と調和を示し、日本万国博が世界の催しであることを力強く表現しているものです。

マークの制作者

グラフィック・デザイナー 大高猛氏

シンボルマーク
シンボルマーク

準備から閉幕まで

EXPO'70 準備

工事中の様子
工事中の様子
工事中の様子
工事中の様子

大阪の千里丘陵から「世界の千里」への5年1ヶ月は「人類の進歩と調和」序曲でもありました。
日本が国際博覧会条約に加盟したのは1965年(昭和40年)2月、同年9月には万国博覧会の開催が正式に日本で行うこととなりました。
財団法人日本万国博覧会協会が発足し、本格的な準備が始まったのはその1ヶ月後。

EXPO'70 開会

大阪万博 開会式
大阪万博 開会式

高い理想を掲げた「日本万国博覧会」は、1970年(昭和45年)3月14日午前11時、前夜の春雪に薄化粧された会場で華やかに開幕しました。
この日、式典に出席した内外の貴賓、招待者は約8000人。
開会式の感動は宇宙テレビ中継で全世界に届けられ、「進歩と調和」への願いが、世界の子ども達のかわいい踊りの輪にのって世界中へ広がっていきました。

ナショナル・デー、スペシャル・デー

ナショナル・デー、スペシャル・デーの式典や催しは国境、民族、宗教、ことばの壁を越えた人類の祭典でした。
会期中のナショナル・デーは73回、スペシャル・デーは15回。6月29日の「日本の日」の式典には皇太子、同妃両殿下もご出席になり、各国の代表ら会場を埋めた約1万人の人たちに「日本」を強く印象づけました。

日本の日

世界の顔 VIP

西から東から、万国博を訪れた海外の貴賓は4800人を越えました。わが国の皇室も何度か会場にお見えになり、ほほえましい交歓風景をくりひろげられました。

人類の進歩と調和 テーマ展示

太陽の空間
太陽の空間

テーマ館は70年大阪万博の統一テーマ「人類の進歩と調和」を表現するものでした。進歩と調和という共存の困難なこの主題に人類の高い理想を追求した多くの展示。そして「太陽の塔」はテーマ展示の精神を形成する核として万国博会場の輝かしいシンボルでした。
テーマの精神を集約的に表現するシンボルゾーンのほぼ中央、お祭り広場の大屋根をつらぬいて、高さ70メートルの太陽の塔がそびえていました。

「生命の樹」
「生命の樹」

塔内部の「生命の樹」を軸にして「地下」「地上」「空中」の3展示部門が、テーマを立体的、劇的に展開。過去、現在、未来の世界の展示を通して生命の尊厳にスポットをあて、見る人に強い感銘を与えました。

過去・現在・未来 展示館

日本万国博覧会は、77カ国、国際機構、政庁、州、都市、企業を含めて計116(テーマ館、日本庭園含まず)の展示館が、「進歩と調和」を表現した展示の花を咲かせました。
入館者が長い列をつくり、お年寄りも若者も、そこに新しい世界を見出し、新たな意欲をわきたたせ、友情を広げていきました。より住みよいあすの世界をつくりあげるために・・・

催し物のチケット(万国博ホール)
催し物のチケット(万国博ホール)

世界の祭り 催し物

広場で、ホールで、華やかにくりひろげられた催し物は<人類の調和>そのものでした。お祭り広場を中心に、万国博ホール、水上ステージ、フェスティバルホール、野外劇場などで多彩な催し物が繰り広げられ、その公演数は2880回が実施されました。“人類交歓の場”であるお祭り広場では内外27万人が出演、1000万人以上の観客が拍手を送りました。

こどもの国 エキスポランド

夢と冒険とスリルに満ちあふれたエキスポランドは子どもたちに“すばらしい万国博”の思い出を残しました。「人間自身のくに」「風と水の広場」「思い出の森」など6つの地区に分かれた約17万2500平方メートルのこの遊園地では、連日若者や家族連れ、子どもたちでにぎわっていました。
迷い子センターで迷い子ホステスや迷い子ワッペンが活躍したのも、この“子どもの楽園”の思い出のひとつです。

オペレーション・コントロール・センター
オペレーション・コントロール・センター

万国博をささえる
施設・運営

1日50万人から60万人が集散した万国博会場は、高度の都市機能を要求される“未来都市”でした。消費電力は1日平均90万キロワット、排出したゴミはなんと合計40万立方メートルに及びました。総消費電力は奈良市全域の使用量となり、ゴミの量は60万都市に該当するほどでした。

約500万件のデータを収録したオペレーション・コントロール・センターや報道基地プレスセンター、清掃管理センター、診療所が“情報・衛生・救急”を受け持ち警備隊、消防署などが観客の安全を守りました。

春夏秋 183日
会場風景

万国博の183日間は、新鮮な驚きと感動の連続でした。
世界の各地から万国博へやってきた人は6421万8770人。1日に83万人以上もの人がつめかけ、ついに入場制限を実施したこともありました。この間、75万平方メートルの駐車場は281万1995台の車で埋まり、迷い子4万8139人、尋ね人12万5778人、拾得物5万4154件、見物中に産気づいた婦人など救急患者1万1350人などさまざまなできごとを反映したこの数字はそのまま万国博の盛況を物語ります。

さようなら EXPO'70 閉会

大阪万博 閉会式
大阪万博 閉会式

9月13日(日曜日)午前11時、参加国政府代表ら内外の貴賓、招待者約6000人が出席して開かれた閉会式。会場の電子掲示板が「さようならEXPO’70」を告げました。

「蛍の光」が流れ、太陽の塔の灯も消えました。しかし、その瞬間から”進歩と調和“に向かって新しい“未来”が踏み出しました。

大阪万博 閉会式
大阪万博 閉会式
大阪万博 閉会式
大阪万博 閉会式

会場スタッフやポスター

会場スタッフ
会場スタッフ
会場スタッフ
ポスター